喜び作り広げる
Action for the Yorokobi!

沖縄リゾートウェディング協会運用事業(事務局)

1. 事業名

一般社団法人
沖縄リゾートウェディング協会運用事業
【事務局】

2. 事業デスクリプション

沖縄リゾートウェディングのサイトを運用し始めたのは2004年5月でした。
http://web.archive.org/web/20040703111411/http://www.e-bridal.tv/
こちらに歴史があります。
この頃はわけも分からず、儲かるんじゃないか儲かるんじゃないかと情報発信のネタを探していました。
「沖縄リゾートウェディングに取り組む事業者まとめて情報発信」
 → これが現在の一般社団法人 沖縄リゾートウェディング協会の理事であり事務局の根幹です。

 まとめるのが好きなのかどうか自分でもわからないですが、一生懸命みんながうまくいく方法を考えて来ました。
第一回目のサンネット主催の沖縄リゾートウェディング東京ブライダルフェアも一つの通過点、一般社団法人化も一つの通過点、20,000組も一つの通過点、世界一のおもてなしの沖縄リゾートウエディングを目指して、協会の事務局を行なっております。

3. ホームページ

ホームページ名
「旅するウェディング - 沖縄で結婚しましょう。そして旅をしましょう。」

URL http://www.tabi-wedding.com

4. 事業目的

リゾートウェディングといえば沖縄リゾートウェディングだよねと世界中の方が口を揃えて言うことが出来、更には数というよりもそのクオリティの高さが世界NO1になる必要があります。そのために、関連産業含め事業支援をしたり、国や県から予算をもらったり、会員から予算を捻出してもらったりと世界NO1になるためにこの事業を行なっております。サンネットの企業理念「喜びをつくり広げる」を実現できる事業です。

 

5. 事業の強み

平成29年2月現在96社の企業が一体となっていろんなことに賛同してベクトルを合わせて世界NO1を目指しています。沖縄リゾートウェディング協会の強みは底にあります。また、理事の皆さんの決断も早く、課題に対しての解決策も素早いところにあります。
市町村や、県や国からも応援されています。ふるさと名物応援宣言を行なった読谷村、恩納村、名護市、更には経済産業省中小企業庁、沖縄県のカップルアニバーサリー支援事業等ウェディングで沖縄を印象づけ、多くの波及産業への展開を期待されてます。

6. 運用のこだわり

「沖縄リゾートウェディング協会運用事業」の運用に関して
1.沖縄リゾートウェディングフェアin東京が毎年1月に開催されます。
2.年会費だけではなく、助成金を活用して事業を運用してます
3.毎月22日に空港で沖縄リゾートウェディングの
お客様歓迎式を行っております。
4.人材育成事業を行ってます。
5.おきなわファミリー婚や玉座婚のサービス商品開発を行っております。
6.地域産業資源を活用して商品開発ができる体制を作りました。
7.ITを屈しして事業改善を実施してます。
フェア来場者管理システムがあります。
8.毎月の定例会、偶数月の理事会を第3木曜日に行なっております。
9.リーガルウエディング受入課題改善やゲリラ撮影防止策等を積極的に
取り組んでます。
10.読谷村、恩納村、名護市で沖縄リゾートウェディングを盛り上げるため
YONNAリゾートウェディング協議会として取り組んでます。

 

7. 関連サイト

8. このサービスの商品

① 会員入会: A会員60,000円/年、B会員30,000円/年
② ちむからポン広告: 35,000円/年
③ フェアのブース販売: 要相談
④ 商品販売: 要相談